ドクターケシミーのおすすめの使い方とは?何歳から使った方がいい?

ドクターケシミー

ドクターケシミーでターンオーバーの働きを変えよう

人の肌に段々とシミやシワが現れるのは、ターンオーバーの働きに乱れが生じるからです。

年齢による衰えは誰もが経験しますが、それを少しでも改善するには保湿成分が必要です。

肌中の保湿成分が減ってきたら、外側から補うために日々のスキンケアで保湿成分を取り入れなければなりません。

この保湿成分の減少を強く実感し始めるのは30代ですので、30代位から保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

オールインワンゲルであるドクターケシミーは保湿作用に優れていて、ターンオーバーを調整するのに役立ちます。

肌に充分な潤いを与えられますので、シミやシワができるのを効率良く防げますし、炎症を抑えることも可能です。

炎症が起こりやすい肌は外的刺激にとても敏感であり、乾燥に悩まされることが多々あります。

最近肌の調子が整わない、シワやシミ等の年齢サインが目立ち始めたと感じたら、ドクターケシミーを使って毎日丁寧なケアを実践しましょう。

ドクターケシミーのおすすめの使い方

使い方を見る前に、ドクターケシミーの役割について確認します。

化粧水・乳液・クリーム・アイクリーム・美容液・パック・化粧下地の7つの役割を1つでまかなえる商品であり、オールインワンジェルとしては非常に多くの効果を有する部類に入ります。

基本的な効果は保湿であり、年齢肌を瑞々しく変えてくれるようなジェルです。

使い方としては、洗顔後5分以内にお手入れを行うことが重要です。

洗った後はすぐに乾燥し始まりますが、特にお風呂に入った後は体の内側から温まっていて、どんどん肌中の水分が逃げていきます。

ですから、できるだけ早くケアするのが使用する上で重要なことです。

1回に使う量は1g程度で、それを顔にまんべんなく伸ばします。

1gというと10円玉くらいの大きさですが、顔全体に伸ばせるちょうど良い量です。

万が一足りなければ、少し足しても構いません。つける前に手の平で温めると伸びが良くなりますし、スムーズに浸透させられます。

顔全体に伸ばしたら、手の平を使って押さえるように有効成分を浸透させます。

朝は化粧下地として、夜は保湿美容液として使えますので、一つあれば一日のケアを行えるのも特徴です。

その時々の肌のコンディションに合わせて量を調節すると、より適切なケアを行えるようになります。

ジェル状ですのでベタつきがなく、すぐに浸透できますので、ベタつきが苦手な人でも安心して使えるオールインワンジェルです。つける量が少なすぎると十分な効果を得られませんので注意しましょう。